086-425-1900 受付時間 9:00~18:00(年中無休)
TOPページ空き家・空き地のトラブル事例

空き家・空き地のトラブル事例

空き家・空き地のトラブル事例
 

人口減少などにより、倉敷市では7000件を超える空き家があり、年々増え続けていく空き家。それに伴って、空き家に関するトラブルも増加してきています。行政も空き家を減らすための施策を行っていますが、まだまだ追いついていないのが現実。放置された空き家は、街の景観を損なうだけでなく、犯罪の温床となる恐れもあります。空き家があると物騒、管理されない空き家は近隣不動産の相場の低下を招いたりします。そうした理由からも、空き家は適正に管理する必要があるのです。

人のいない場所は犯罪の格好のターゲット

犯罪の格好のターゲット
管理されていない空き家は、薄暗く、外観も荒れ果てているため、気味悪がって近隣の住民も避けて通りがちです。そのため、仮にどんな人物が入り込んでいても、誰も気づくことができません。こうした社会の死角は、犯罪の温床になってしまう危険性をはらんでいます。
 
  • ゴミの不法投棄
    ゴミの不法投棄
     
    人の出入りがない空き家では、ゴミが不法投棄されても周りの人に気づかれにくく、そのまま放置されてしまいます。敷地内にゴミが置かれていると、さらにゴミを捨てる人が現れ、最終的にはゴミであふれかえって悪臭などの原因にもなりかねません。
  • 放火
    放火
     
    火災の出火原因で最も多いのが、その疑いも合わせると放火です。放火犯にとって、人目のない空き家は極めて好都合。施錠されていなければ簡単に侵入できるうえ、空き家はゴミなど燃えやすいものが放置されていることも多く、火をつけるのも容易です。
  • 不法侵入
    不法侵入
     
    周囲にとおりかかる人がいない空き家は、不審者が入り込んでいても誰にもわかりません。そのため、侵入した不審者がそのまま寝泊まりしていたというケースは多数報告されています。居つくだけならまだいいのですが、子どもの連れ込みや大麻の栽培など、大きな犯罪の舞台となることも、しばしばあります。
  • その他
    その他
     
    その他にも、壁や塀などへの落書き、空き家を利用した詐欺など、様々な事例が報告されています。人目のない空き家は、犯罪者にとって、まさに格好の獲物なのです。

トラブルの元は人間以外にも…

荒れ果てて、老朽化が進んだ空き家は、自然の力によってトラブルに見舞われることも多々あります。
 
  • 樹木の越境
    樹木の越境
     
    人の手が入らないため庭の草木が伸び放題となり、気づかぬうちに境界を越えて、枝先が隣家の敷地に入ってしまいます。木の葉や実が隣家に落ちたり、枝先にクモが巣をつくったりすると、隣家の方に迷惑がかかり、トラブルに発展してしまうことがあります。
  • 自然災害による倒壊
    自然災害による倒壊
     
    空き家には耐震基準改正前に建てられたものもが多く、小さい震度の地震でも倒壊したという事例が発生しています。また、台風や突風で建材が吹き飛ばされて、近隣の家に損害を与えたというケースも。この場合、損害賠償を請求されることもります。
  • 景観の悪化
    景観の悪化
     
    人の手が入らないため、草木が伸び放題となり、景観を破壊してしまいます。伸びた木の枝が隣家との境界を越えて、トラブルになることもあります。さらに、害虫や動物などが住みつき、衛生面でも問題が生じます。また、景観の悪化は、その街の価値も落とします。こんな空き家があるエリアに好んで住みたいという人はほとんどいないはずです。そして、人目がなくなっていくと、最終的に治安の悪化につながり、さらに人が離れるという悪循環におちいってしまいます。

適切な管理で問題回避

適切な管理で問題回避
空き家を放置することは、このように大きな問題となる可能性をはらんでいます。社会的責任を果たす意味でも、持ち主様は適切に管理されることをお勧めします。当法人は、持ち主様の意向に沿うよう、各種管理サービスをご用意していますので、ご検討ください。

ブログ