086-425-1900 受付時間 9:00~18:00(年中無休)
TOPページサービスのご案内空き家・空き地の売却

空き家・空き地の売却

空き家・空き地の売却
 

空き家を相続したものの、特に使う予定がないという方は、いっそのこと売却されてみてはいかがでしょう。売却することでその金額を得られるだけでなく、固定資産税を支払う必要もなくなるので、金銭的には大きくプラスとなるはずです。くわえて、管理をする手間など、残しておくことで生じる負担から、すべて解放されます。

各分野の専門家がお手伝い

各分野の専門家がお手伝い
売却には空き家をそのままの状態で売り出す方法と、更地にして土地を売る方法があります。比較的建物の状態が良いならば空き家ごと「中古戸建」として売却する方法があります。「中古戸建」は買い手にとって安価で住宅を入手できるにもかかわらず、取り扱い数があまり多くないため、人気があり早い段階で売れていきます。仮に何年かのちにリフォームが必要となっても、買主の負担になるため、売却時に費用負担がほぼありません。

各分野の専門家がお手伝い
建物が住むのが難しい状態ならば、「古家付土地」としての売却となります。建物の解体などは買い手の負担となるため、こちらも売却時の費用負担はほぼありません。ただし、当然のことながら、よほど条件のいい土地でない限り、建物の解体費用を買主が負担することを嫌がり、売れ残っていく可能性があります。その場合は、解体費用を負担して、更地にして売りに出すという方法もあります。

また、どの程度の値段で売れるのかというのも気になるところでしょう。当法人には、不動産の取り扱いに関する各分野の専門家がそろっていますので、持ち主様が納得いく形で売却できるよう、あらゆる角度から分析して最適な方法をアドバイスさせていただきます。

ブログ