086-425-1900 受付時間 9:00~18:00(年中無休)

マンション管理サポート

マンション管理サポート
 

空室マンションを保有されている方の中には、マンションは管理会社が管理してくれているので安心とお考えの方もいるのではないでしょうか。それは大きな間違いで、管理会社が管理するのはあくまで廊下や階段などの、いわゆる共有部のみ。所有者がいる空室までは管理してくれません。

それでもマンションなら建物の劣化は全体的に起きるだろうから、放置しておいても問題ないだろうとお思いの方、これまた大変な勘違いです。コンクリートの外壁に、木材の内装でできているマンションは、空気が循環されず、高温高湿度の状態の中、室内はどんどん劣化していきます。内装の劣化は、マンションの資産価値の減少につながります。結果、売却の際には、他の部屋よりも安く売却することになってしまいます。

劣化の影響はマンション全体に

劣化の影響はマンション全体に
部屋の劣化で被害を被るのは所有者だけではありません。高温高湿度の状態ではカビの発生や腐食が進み、お隣の部屋にまで影響が及ぶことがあります。また、通水していないと水道管が劣化して破裂することもあります。そうなったとき、マンション全体に被害が広がる可能性もあります。そうなったとき、すべての責任はきちんと管理していなかったあなたが負わなければなりません。

安心の徹底管理で責任を果たす

安心の徹底管理で責任を果たす
月1回、通気や通水をするだけで、室内の劣化を大きく遅らせることができます。所有者としての最低限の責任として、空室管理は必要なことなのです。しかしながら、月1回とはいえ、自らそれだけのためにマンションを訪れるのは、それなりに手間がかかります。

当法人では所有者様に代わり、通気、通水、簡単な清掃を行う「安心管理サポート」という管理支援サービスを提供しています。所有者としての最低限の責任を果たすため、また、資産価値を維持する意味でも、ご利用することをお勧めします。

ブログ