086-425-1900 受付時間 9:00~18:00(年中無休)
TOPページ資産運用のお手伝い

資産運用のお手伝い

資産運用のお手伝い
 

遠くにある実家を相続したものの、住む予定もなく、どうすれば良いかわからないので放置している、というケースがよくあります。

こうした方にとっては、引き継いだ家は固定資産税をとられるだけの重荷としか感じられないでしょう。 売却しようとしたら兄弟に、「思い出のある家だから売らないでほしい」などと反対され、頭を抱えておられる方もいるかもしれません。 しかし、放置している間に、資産価値はどんどん下がってしまいます。

このように、もし空き家の扱いに困っておられる方には、賃貸物件として貸し出すといった方法をお勧めします。 賃貸収入により固定資産税の負担を軽減するだけでなく、人が住むことで建物の寿命が延びるという利点もあります。 建物は長く使わないと、湿気や害虫の発生、埃でどんどん傷んでいきますが、使い続けることで良好な状態に保つことができるのです。

当法人では、空き家を賃貸住宅にするといった、資産として運用するためのサポートも行っております。 空き家の扱いに困っている場合は、ぜひご相談ください。

近隣住民に喜ばれる物件に

近隣住民に喜ばれる物件に
空き家として放置されることは、持ち主にとって頭の痛い問題ですが、実は周りの住民にとっても迷惑な話なのです。放置されている間に庭は荒れ果て、夜になると薄暗く鬱蒼としたその一帯には、ゴミを不法投棄される可能性もありますし、不審者が侵入することもあります。近隣住民にとってきわめて住み心地の悪い場所になってしまい、町のイメージまで著しく損なってしまいます。

そこに賃貸物件として新たな住民が入ってくれば、環境が維持されるので、周りの住民も歓迎してくれます。賃貸物件として運用することは、自分だけでなく、その近隣住民にとっても意味のあることなのです。

リフォームで安定した収益を

リフォームで安定した収益を
賃貸戸建は市場にあまり出回らないため、比較的人気があり、安定した収益を見込めます。リフォームをしておけば、さらに家賃収入や契約の面で有利になりますが、先の通り人気があるため、水回りなど住人が気にする点を重視した最低限のリフォームで十分です。
収益性を重視したリフォームについても、当法人ではご相談を承ります。

ブログ